生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節がゆるいため、出産時に外れてしまうというものが多いようです。

股関節を脱臼しやすい素因を持つ赤ちゃんが、足をまっすぐに伸ばせられた状態で固定されると起きると考えられているようです。

生まれてからの赤ちゃんの姿勢がとても大切です。抱っこするときは、両足をそろえて抱っこするよりも、股の間に手を入れて抱っこした方がよいようです。また、スパッツなど、ぴったりした服は避け、足が自由に動かせる衣服にしたほうがよさそうです。

妊娠中にお母さんの子宮内で、赤ちゃんが殿位だったときになりやすいといわれています。また、遺伝的要素もあるようです。

症状としては足が短く見える、足の開きが悪いなどがあります。治療としては、3~4ヶ月を過ぎても足の開きが悪いときは、「リーメンビューゲル」という特殊な装置を装着するほか、手術なども行われる場合があります。治療が正しく行われないと、変形性関節症、痛みや歩行困難などを将来的に引き起こします。

股関節は、体重もかかり、歩いたり走ったりするときに使う重要な部分です。股関節脱臼はきちんと治しておく必要があるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…

    ピックアップ記事

    1. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    2. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    3. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    ページ上部へ戻る