生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節がゆるいため、出産時に外れてしまうというものが多いようです。

股関節を脱臼しやすい素因を持つ赤ちゃんが、足をまっすぐに伸ばせられた状態で固定されると起きると考えられているようです。

生まれてからの赤ちゃんの姿勢がとても大切です。抱っこするときは、両足をそろえて抱っこするよりも、股の間に手を入れて抱っこした方がよいようです。また、スパッツなど、ぴったりした服は避け、足が自由に動かせる衣服にしたほうがよさそうです。

妊娠中にお母さんの子宮内で、赤ちゃんが殿位だったときになりやすいといわれています。また、遺伝的要素もあるようです。

症状としては足が短く見える、足の開きが悪いなどがあります。治療としては、3~4ヶ月を過ぎても足の開きが悪いときは、「リーメンビューゲル」という特殊な装置を装着するほか、手術なども行われる場合があります。治療が正しく行われないと、変形性関節症、痛みや歩行困難などを将来的に引き起こします。

股関節は、体重もかかり、歩いたり走ったりするときに使う重要な部分です。股関節脱臼はきちんと治しておく必要があるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    2. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る