うちわ歩行(内股歩行)

歩くときの足の踏み出しが、内側に向く場合をいいます。すねから下の骨がねじれているために、程度の強い内股(つま先が内側を向いた状態)で歩くものです。
つま先が重なり転びやすいこともあります。

小児整形外科外来を受診する原因の1,2位を争うほど頻度が高い訴えだそうです。
足の変形や関節の病気など、いろいろな原因があります。

うちわ歩行では、足の踏み出しが明らかに内側を向いているので、素人でもよく分かります。足に内転足(ないてんそく)のような変形があるとき、ヒザにO脚があるとき、股関節が内側に動きやすいときなど、原因はいくつか考えられます。

正座したときに、お尻を床にぴったりつけて、足先がお尻の外に大きくは見出るようなすわり方をする場合は、股関節が原因です。

足やひざが原因の場合は、それぞれの変形を矯正します。股関節が原因のときは、あぐらすわりが効果的です。

成長とともに自然に治っていくことが多いようですので、とくに積極的に治療をいそぐ必要はありません。学童期を過ぎても、日常生活に支障が出る場合は、手術をする場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    3. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    3. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    ページ上部へ戻る