うちわ歩行(内股歩行)

歩くときの足の踏み出しが、内側に向く場合をいいます。すねから下の骨がねじれているために、程度の強い内股(つま先が内側を向いた状態)で歩くものです。
つま先が重なり転びやすいこともあります。

小児整形外科外来を受診する原因の1,2位を争うほど頻度が高い訴えだそうです。
足の変形や関節の病気など、いろいろな原因があります。

うちわ歩行では、足の踏み出しが明らかに内側を向いているので、素人でもよく分かります。足に内転足(ないてんそく)のような変形があるとき、ヒザにO脚があるとき、股関節が内側に動きやすいときなど、原因はいくつか考えられます。

正座したときに、お尻を床にぴったりつけて、足先がお尻の外に大きくは見出るようなすわり方をする場合は、股関節が原因です。

足やひざが原因の場合は、それぞれの変形を矯正します。股関節が原因のときは、あぐらすわりが効果的です。

成長とともに自然に治っていくことが多いようですので、とくに積極的に治療をいそぐ必要はありません。学童期を過ぎても、日常生活に支障が出る場合は、手術をする場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    2. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    3. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…

    ピックアップ記事

    1. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    2. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    3. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    ページ上部へ戻る