内転足・内反足は、同じ扱いにされる場合もありますが、厳密には違います。

内転足は、足の内側の部分のそりが強く、足裏を見ると、への字、あるいはバナナのように、そりが強い状態を指します。

胎内にいたときの位置に関係しているとも言われますが、自然に治る場合もあります。いずれにしても、自己判断せず、
ちょっと変ったところがあるなと思ったら、医療機関に相談してみましょう。

それに対し、内反足は、先天性の病気で、足の裏が内側に反り返っている状態です。

通常は足の裏が地面に水平になっていますが、足裏が垂直になっている状態です。1ヶ月検診などで発見されます。

通常、ギプスなどを装着して治療します。数ヶ月、ギプスなどで改善が見られない場合は、手術の場合もあります。治療が終われば、
問題なく歩行も運動もできるようになります。

時間がかかりますが、問題なく完治しますので、保護者は気長に見守ることが必要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    3. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る