内転足・内反足は、同じ扱いにされる場合もありますが、厳密には違います。

内転足は、足の内側の部分のそりが強く、足裏を見ると、への字、あるいはバナナのように、そりが強い状態を指します。

胎内にいたときの位置に関係しているとも言われますが、自然に治る場合もあります。いずれにしても、自己判断せず、
ちょっと変ったところがあるなと思ったら、医療機関に相談してみましょう。

それに対し、内反足は、先天性の病気で、足の裏が内側に反り返っている状態です。

通常は足の裏が地面に水平になっていますが、足裏が垂直になっている状態です。1ヶ月検診などで発見されます。

通常、ギプスなどを装着して治療します。数ヶ月、ギプスなどで改善が見られない場合は、手術の場合もあります。治療が終われば、
問題なく歩行も運動もできるようになります。

時間がかかりますが、問題なく完治しますので、保護者は気長に見守ることが必要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る