骨がやわらかく、背中が曲がったり、はと胸になったり、O脚になったりします。このように、骨が南下する病気をくる病といいます。
カルシウムやリンが骨に付着せずに、骨の中に類骨というやわらかい組織ができます。そのため骨が軟化して、体に変形を起こします。

子どもが歩くようになると、O脚やX脚などの変形が発見され、
そのうちに手足の関節のはれやはと胸などの骨格の変形が見られるようになり、くる病が疑われます。レントゲン写真で診断できます。

ビタミンDを体が利用できないような状態になったときにおきます。その原因として、遺伝子の異常が考えられます。
腎臓病などでもおこることがあります。

治療としては、ビタミンD剤、カルシウム剤、リン剤など、骨を丈夫にする薬剤を投与します。薬の効果があれば、症状も改善されます。
腎臓病などの基礎疾患があれば、それも治療します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…

    ピックアップ記事

    1. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    2. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    3. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る