O脚・X脚ともに、伸ばした足のひざの位置がまっすぐでない状態のことを言います。どちらも成長過程で起こり、
心配ないことが多いです。

O脚とは、脚を伸ばしたときに、膝が離れている状態です。多くが発育中に起こり、成長するにともない、
1歳半~2歳の間に自然に治るという心配のないものがほとんどです。

両足をくっつけて伸ばしたときや、立ったときに、膝のあいだが開いており、大人の指が3指以上はいる場合を言います。

多くは発達のプロセスで起こる一時的なもので、むしろ1歳半ごろまでは、O脚が普通です。これは胎内にいたときの姿勢が、
O脚になるようになっているためです。X線検査をしても、病的な変化は認められないのがふつうです。一方、病的なO脚としては、膝下の頚骨
(けいこつ)の上部の関節面に、発育異常がおこるブローント病や、全身の骨の発育異常をともなうくる病などがあります。

X脚とは、膝を中心に足がXのように見える状態(両側の膝付近を中心とした外側凹の変形)のことです。

股関節の発達に伴って、最初はO脚だった足が、変化して3歳前後ではX脚になり、6歳ぐらいまで続きます。変形の度合いが強くても、
両足の角度が同じであれば、心配はないといわれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    3. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    ページ上部へ戻る