O脚・X脚ともに、伸ばした足のひざの位置がまっすぐでない状態のことを言います。どちらも成長過程で起こり、
心配ないことが多いです。

O脚とは、脚を伸ばしたときに、膝が離れている状態です。多くが発育中に起こり、成長するにともない、
1歳半~2歳の間に自然に治るという心配のないものがほとんどです。

両足をくっつけて伸ばしたときや、立ったときに、膝のあいだが開いており、大人の指が3指以上はいる場合を言います。

多くは発達のプロセスで起こる一時的なもので、むしろ1歳半ごろまでは、O脚が普通です。これは胎内にいたときの姿勢が、
O脚になるようになっているためです。X線検査をしても、病的な変化は認められないのがふつうです。一方、病的なO脚としては、膝下の頚骨
(けいこつ)の上部の関節面に、発育異常がおこるブローント病や、全身の骨の発育異常をともなうくる病などがあります。

X脚とは、膝を中心に足がXのように見える状態(両側の膝付近を中心とした外側凹の変形)のことです。

股関節の発達に伴って、最初はO脚だった足が、変化して3歳前後ではX脚になり、6歳ぐらいまで続きます。変形の度合いが強くても、
両足の角度が同じであれば、心配はないといわれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    2. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…

    ピックアップ記事

    1. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    2. 先天的な病気です。その名のとおり、先天的に胆道が拡張している病気です。子供のときに見つかることが…
    3. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    ページ上部へ戻る