予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザワクチンなどがそれにあたります。

希望者だけの任意接種とはいえ、、流行しやすく、かかってしまうと有効な治療法がないなどの重症化しやすい病気もあるので、なるべくならきちんと受けておいた方がよいかもしれません。

接種費用は自己負担となります。B型肝炎の接種は「B型肝炎母子感染事業}の対象者の場合は、公費負担となります。推奨接種の場合は救済制度の対象になりますが、任意接種も国の救済制度に劣るとはいえ、薬害補償制度の対象となり、副作用など何らかの健康被害が起きた場合は保証が受けられます。

接種スケジュールは、各自で病院に問い合せて決める必要があります。接種を受ける病院によって、料金も違ってきますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

以下に任意接種の時期と回数を載せておきますので、参考にしてください。

  • ・日本脳炎→(初回)3歳以降、2回 (追加)1年後、1回 (Ⅱ期)9歳。(Ⅲ期)14歳
  • ・おたふくかぜ→1歳以降、1回
  • ・水ぼうそう→1歳以降、1回
  • ・B型肝炎→(母子感染の場合)生後2ヶ月、3ヶ月、5ヶ月。B型肝炎免疫グロブリン2回+ワクチン3回
  • ・インフルエンザ→6ヶ月~(10~12月)、2回
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…

    ピックアップ記事

    1. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    2. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る