予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザワクチンなどがそれにあたります。

希望者だけの任意接種とはいえ、、流行しやすく、かかってしまうと有効な治療法がないなどの重症化しやすい病気もあるので、なるべくならきちんと受けておいた方がよいかもしれません。

接種費用は自己負担となります。B型肝炎の接種は「B型肝炎母子感染事業}の対象者の場合は、公費負担となります。推奨接種の場合は救済制度の対象になりますが、任意接種も国の救済制度に劣るとはいえ、薬害補償制度の対象となり、副作用など何らかの健康被害が起きた場合は保証が受けられます。

接種スケジュールは、各自で病院に問い合せて決める必要があります。接種を受ける病院によって、料金も違ってきますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

以下に任意接種の時期と回数を載せておきますので、参考にしてください。

  • ・日本脳炎→(初回)3歳以降、2回 (追加)1年後、1回 (Ⅱ期)9歳。(Ⅲ期)14歳
  • ・おたふくかぜ→1歳以降、1回
  • ・水ぼうそう→1歳以降、1回
  • ・B型肝炎→(母子感染の場合)生後2ヶ月、3ヶ月、5ヶ月。B型肝炎免疫グロブリン2回+ワクチン3回
  • ・インフルエンザ→6ヶ月~(10~12月)、2回
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…

    ピックアップ記事

    1. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    2. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    3. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    ページ上部へ戻る