ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状がみられます。のどに偽膜ができて窒息死する場合もあります。

悪化すると、菌の出す毒素で心筋障害や呼吸困難、神経まひを引き起こし、死亡することもある重い病気です。現在は予防接種の成果で、日本ではほとんど見られなくなりました。(年間1~2名程度の患者が発症する程度で、感染したとしても症状が出るのはその10%で残りの人はなんの症状もありません。)

三種混合(DPT)と言われる予防接種で予防します。(ジフテリア、百日ぜき、破傷風)三種混合(DPT)ワクチンは、不活化ワクチンとトキソイドです。

Ⅰ期として3ヶ月~1歳の間に、初回接種として、3~8週間間隔で3回受けます。その後、追加接種として、初回接種終了後1年~1年半までに1回を受けるようにします。また、Ⅱ期として12歳のときにDTワクチンで追加接種を1回受けます。

決められた通りに接種することで、確実な免疫がつくられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    3. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    ページ上部へ戻る