その予防接種の対象になる年(月)齢の赤ちゃんがいっせいに会場に集められ、そこで予防接種を受けます。保健所や保健センターで行われることが多く、日時や場所は、予防接種を実施する自治体によって指定されます。

実施方法は、自治体によってさまざまですが、ポリオとBCGは集団接種で行うところが多いようです。

ところで、集団接種のお知らせは、対象月齢の赤ちゃんにだけ届くのでしょうか?
受け損なったら、次のお知らせは来ないのでしょうか?

多くの自治体では、対象月齢の子にしかお知らせは届きません。受けそびれた場合は、次回のスケジュールを自治体に確認してください。

また、各家庭への通知がなく、自分で広報誌などを確認して受けに行かなければならない所もあります。お知らせに頼らず、自分でも積極的に情報を集めましょう。

集団接種は個別には受けられないので、当日に体調が悪くて受けられなくなったり、引越しや海外旅行などで指定日に行けなることがあると思います。

そのままにしておくと受けられなくなってしまうこともあるので、あらかじめ、保健所や保健センターに連絡をしておくことが大切です。次回の日時を確認ておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    2. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    2. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る