その予防接種の対象になる年(月)齢の赤ちゃんがいっせいに会場に集められ、そこで予防接種を受けます。保健所や保健センターで行われることが多く、日時や場所は、予防接種を実施する自治体によって指定されます。

実施方法は、自治体によってさまざまですが、ポリオとBCGは集団接種で行うところが多いようです。

ところで、集団接種のお知らせは、対象月齢の赤ちゃんにだけ届くのでしょうか?
受け損なったら、次のお知らせは来ないのでしょうか?

多くの自治体では、対象月齢の子にしかお知らせは届きません。受けそびれた場合は、次回のスケジュールを自治体に確認してください。

また、各家庭への通知がなく、自分で広報誌などを確認して受けに行かなければならない所もあります。お知らせに頼らず、自分でも積極的に情報を集めましょう。

集団接種は個別には受けられないので、当日に体調が悪くて受けられなくなったり、引越しや海外旅行などで指定日に行けなることがあると思います。

そのままにしておくと受けられなくなってしまうこともあるので、あらかじめ、保健所や保健センターに連絡をしておくことが大切です。次回の日時を確認ておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    2. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    3. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    ページ上部へ戻る