その予防接種の対象になる年(月)齢の赤ちゃんがいっせいに会場に集められ、そこで予防接種を受けます。保健所や保健センターで行われることが多く、日時や場所は、予防接種を実施する自治体によって指定されます。

実施方法は、自治体によってさまざまですが、ポリオとBCGは集団接種で行うところが多いようです。

ところで、集団接種のお知らせは、対象月齢の赤ちゃんにだけ届くのでしょうか?
受け損なったら、次のお知らせは来ないのでしょうか?

多くの自治体では、対象月齢の子にしかお知らせは届きません。受けそびれた場合は、次回のスケジュールを自治体に確認してください。

また、各家庭への通知がなく、自分で広報誌などを確認して受けに行かなければならない所もあります。お知らせに頼らず、自分でも積極的に情報を集めましょう。

集団接種は個別には受けられないので、当日に体調が悪くて受けられなくなったり、引越しや海外旅行などで指定日に行けなることがあると思います。

そのままにしておくと受けられなくなってしまうこともあるので、あらかじめ、保健所や保健センターに連絡をしておくことが大切です。次回の日時を確認ておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…

    ピックアップ記事

    1. 先天的な病気です。その名のとおり、先天的に胆道が拡張している病気です。子供のときに見つかることが…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る