義務ではありませんが、予防接種の中でも、国や自治体が、感染率、あるいは病気の危険性が高いため、接種を強く奨励しているものです。 BCG、ポリオ、三種混合(二種混合)、はしか(麻しん)、風しんなどがそれにあたります。

決められた年齢内なら公費の補助により無料で受けられます。

予防接種は、各市区町村が実施しているので、実施方法や実施日時は、各市区町村に問い合わせるとよいでしょう。それぞれの予防接種では、その予防接種を受けるのに最も適した接種年齢があります。

これは、それぞれの病気にかかりやすい時期を考えて指定されています。しかし、この接種年齢の期間以外になってしまっても、対象期間内であれば、公費負担で予防接種を受けられます。

予防接種は、住民表のある住所に自治体から通知があります。もし、引越しをした場合などは、すぐに転入届をだすことで、引き続きスムーズに予防接種を受けることができます。

予防接種法に基づく予防接種により副作用をはじめとする何らかの病気、障害、死亡等が起こった場合には、対象者に予防接種健康被害救済制度によって、医療費の支給、障害年金の支給等がなされます。救済制度の対象となる事例は、厚生労働大臣が予防接種との因果関係を認定したものに限ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    2. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    3. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…

    ピックアップ記事

    1. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    2. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る