ポリオの生ワクチンを飲むと15~37日間くらいの間、うんちの中にウイルスが排泄されます。

接種を受けた赤ちゃんのうんちの処理などのときに、まれにですがポリオウイルスに感染する事例があります。
赤ちゃんが予防接種を受けたあと(接種後15~37日間)は、おむつ交換の後などは、しっかりと手を洗いましょう。

ワクチンを飲んでから4~35日間後に発熱、かぜの症状のあとに上下肢などにマヒがみられることがありますが、
100万人以上に1人程度というごくまれな頻度です。

ポリオの生ワクチンには3種類のウイルスが入っているので、全部の型に免疫をつけるためには2回飲むことが必要です。
間隔がたとえ数年単位で空いたとしても2回の服用をすることで効果を現しますので、間隔があくことにはこだわらなくてもかまいません。

また、ひどい下痢のときは、飲む前に必ず医師に相談しましょう。飲んだあとでも、
水のような下痢が一日5~10回もつづくようなときは、ワクチンが流れ出てしまう可能性があります。その場合、
もう一度ワクチンを飲むこともあるので、念のため医師に診てもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    2. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…
    3. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…

    ピックアップ記事

    1. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    2. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る