赤ちゃんに大事な予防接種のひとつにBCGがあります。これは牛型の結核菌を弱めた生ワクチンで、
結核の免疫をつけるために接種します。

BCGの効果は15年程度持続するといわれ、重症の結核の予防に高い有効性が認められています。

BCGの接種方法は管針法といってスタンプ方式で上腕の2カ所に押しつけて接種します。接種したところは、
室内で自然に乾燥させてください。10~15分程度で乾きます。

接種後2~3週間で接種局所に赤いポツポツができ一部に小さくうみをもったりします。約4週間でかさぶたができて治ります。
これは異常反応ではなく、BCGがついた証拠です。包帯をしたり、バンソウコウを貼ったりしないで、
そのまま普通に清潔を保てば自然に治ります。

副反応としては接種をした側の脇の下のリンパ節がまれに腫れることがあります。様子をみていて、特にただれたり、
2cm以上に大きく腫れたり、まれに化膿して自然にやぶれてうみが出ることがある場合には医師に診てもらってください。

結核予防法改正により、平成17年度から 乳幼児BCG接種はツベルクリン反応検査を行わずに直接BCGを接種することになりました。
結核に対する抵抗力は母親からもらうことができませんので、生まれたばかりの赤ちゃんでもかかる心配があります。
乳幼児は結核に対する抵抗力が弱いので、全身性の結核症にかかったり、結核性髄膜炎になることもあり、重い後遺症を残す場合があります。
BCGは生後6か月未満までしか受けられませんので、お早めに、指定医療機関で受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…

    ピックアップ記事

    1. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    2. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    3. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    ページ上部へ戻る