赤ちゃんの病気に対する免疫獲得のために行う予防接種の中で、生ワクチンと呼ばれる予防注射があります。

「生ワクチン」は、生きた病原体の毒性を弱めたものです。

予防接種によって、身体はその病気にかかったのに近い免疫(抗体)を作ります。ポリオ・はしか(麻疹)・風疹・BCG・おたふくかぜ・
水痘などがこの種類です。

生ワクチンによる副反応には、アナフィラキシーショック(通常、接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のこと)、
蕁麻疹などのアレルギー反応や発熱などがあります。赤ちゃんに接種後、2日間は赤ちゃんの様子をよく観察しましょう。

また、生ワクチンは、病原菌の毒性を弱めたものなので、その病気本来の性質がワクチンの中に残っています。このため、ワクチン接種後、
数日ないし2~3週間後に、赤ちゃんがその病気に軽くかかったような状態になることがあります。そのような場合、すぐ小児科にいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    3. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…

    ピックアップ記事

    1. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    2. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    3. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    ページ上部へ戻る