赤ちゃんの病気に対する免疫獲得のために行う予防接種の中で、生ワクチンと呼ばれる予防注射があります。

「生ワクチン」は、生きた病原体の毒性を弱めたものです。

予防接種によって、身体はその病気にかかったのに近い免疫(抗体)を作ります。ポリオ・はしか(麻疹)・風疹・BCG・おたふくかぜ・
水痘などがこの種類です。

生ワクチンによる副反応には、アナフィラキシーショック(通常、接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のこと)、
蕁麻疹などのアレルギー反応や発熱などがあります。赤ちゃんに接種後、2日間は赤ちゃんの様子をよく観察しましょう。

また、生ワクチンは、病原菌の毒性を弱めたものなので、その病気本来の性質がワクチンの中に残っています。このため、ワクチン接種後、
数日ないし2~3週間後に、赤ちゃんがその病気に軽くかかったような状態になることがあります。そのような場合、すぐ小児科にいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…

    ピックアップ記事

    1. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る