赤ちゃんの病気に対する免疫獲得のために行う予防接種の中で、生ワクチンと呼ばれる予防注射があります。

「生ワクチン」は、生きた病原体の毒性を弱めたものです。

予防接種によって、身体はその病気にかかったのに近い免疫(抗体)を作ります。ポリオ・はしか(麻疹)・風疹・BCG・おたふくかぜ・
水痘などがこの種類です。

生ワクチンによる副反応には、アナフィラキシーショック(通常、接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のこと)、
蕁麻疹などのアレルギー反応や発熱などがあります。赤ちゃんに接種後、2日間は赤ちゃんの様子をよく観察しましょう。

また、生ワクチンは、病原菌の毒性を弱めたものなので、その病気本来の性質がワクチンの中に残っています。このため、ワクチン接種後、
数日ないし2~3週間後に、赤ちゃんがその病気に軽くかかったような状態になることがあります。そのような場合、すぐ小児科にいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    2. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    2. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る