ツベルクリン反応

結核の感染の有無を知るための検査を「ツベルクリン反応検査」と言います。このことを一般にツベルクリンと呼んでいます。

これは予防接種ではなく、過去に結核にかかったどうかを調べる検査です。結核にかかったことがあると、
皮膚が赤く腫れるのでわかります。

昔、結核は、死亡原因の1位を占めたこともある病気です。今でも毎年4万人を越える患者が発生しています。また、
結核に対する抵抗力はお母さんからもらうことができませんから、生まれたばかりの赤ちゃんもかかる心配があります。
乳幼児は結核に対する抵抗力が弱いので、全身性の結核症にかかったり、結核性髄膜炎になることもあり、
感染すると重い後遺症を残すことになります。

これまでは、ツベルクリン反応を行っていましたが、この検診で見つかった結核患者は、乳幼児(0~3歳)
約120万人の受診者のうち13人と非常に少ないため、ツベルクリン反応検査をやめ、直接BCGを接種することになりました。

赤ちゃんは抵抗力が弱く、全身性の結核症や結核性髄膜炎になることもあり、思い後遺症を残す場合があります。大事な赤ちゃんですから、
進んでBCGを受けさせましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    2. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    3. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    ページ上部へ戻る