ツベルクリン反応

結核の感染の有無を知るための検査を「ツベルクリン反応検査」と言います。このことを一般にツベルクリンと呼んでいます。

これは予防接種ではなく、過去に結核にかかったどうかを調べる検査です。結核にかかったことがあると、
皮膚が赤く腫れるのでわかります。

昔、結核は、死亡原因の1位を占めたこともある病気です。今でも毎年4万人を越える患者が発生しています。また、
結核に対する抵抗力はお母さんからもらうことができませんから、生まれたばかりの赤ちゃんもかかる心配があります。
乳幼児は結核に対する抵抗力が弱いので、全身性の結核症にかかったり、結核性髄膜炎になることもあり、
感染すると重い後遺症を残すことになります。

これまでは、ツベルクリン反応を行っていましたが、この検診で見つかった結核患者は、乳幼児(0~3歳)
約120万人の受診者のうち13人と非常に少ないため、ツベルクリン反応検査をやめ、直接BCGを接種することになりました。

赤ちゃんは抵抗力が弱く、全身性の結核症や結核性髄膜炎になることもあり、思い後遺症を残す場合があります。大事な赤ちゃんですから、
進んでBCGを受けさせましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    2. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    2. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    3. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    ページ上部へ戻る