定期接種になっている個別接種は、それぞれの病院が自治体からの委託を受けて接種しています。

病院や自治体の事情により、ほとんどの個別接種ワクチンの委託を受けている病院もあれば、
一部のワクチンしか委託を受けていないところもあります。

住んでいる自治体に問い合わせれば、どこの病院がどんなワクチンの委託を受けているかのリストをもらえると思います。

今まで、集団接種の時に事故が起こり、その原因の1つに十分な健康状態のチェックが出来ないことがありました。そこで、
予防接種を受ける子どもの健康状態を十分に確認して、健康な状態の時に接種できるように、
かかりつけの医師のところで予防接種をするようになりました。

これを個別接種といい、ポリオ(小児麻痺)とBCG以外の予防接種は、かかりつけの小児科専門医で受けます。

予防接種は数が多く、どれから受ければいいか迷ってしまいますが、かかりやすく、
かかると重症化しやすい病気から順番に受けるのが基本です。

風邪などでかかりつけの小児科に行った時に『予防接種を受けるには、いつ来院したらよいのか?』などを相談しておくといいでしょう。
また、接種方法と接種の間隔にも注意して、先生と相談しながら、必ず赤ちゃんに受けさせましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    2. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    ページ上部へ戻る