カテゴリー:治療法やケアについて

  • 坐薬

    子どもの場合ほとんどが、肛門から直腸に挿入する直腸坐薬です。直腸の粘膜から吸収されるため、胃や腸などの消化管をとおらないぶん、 吸収が早く、早く効くのが利点です。うまく薬が飲めないときや吐き気のあるときなどに適用されま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 粉薬の飲ませ方

    シロップなどに較べると、粉薬は飲みにくい部類に入ります。水などに溶かしてあげても、ペッと出されてしまい、 頭を悩ませたお母さんも多いことでしょう。基本的な飲ませ方としては、1回分を少量の湯ざましなどで練り、スプーンで少…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 血液検査2

    血液には、たくさんの情報がつまっています。次のようなことも、血液によって判ります。・アレルゲンの有無 皮膚に疑わしい抗原をつけて反応をみる検査(パッチテストなど)もありますが、一般に、RAST法と呼ばれる方法がよく行わ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 血液検査1

    血液には、全身の状態を知るためのさまざまな情報がつまっています。血液検査は、血液を少量採取するだけで、 必要な情報が得られるという簡単なものなので、一般的によく行われます。血液の病気はもちろんのこと、全身の異常や病気の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 薬の副作用

    薬は病気をなおすめに使われますが、どの薬も、いくつかのはたらきをもっています。このうち、求めている効果が現れるのを「作用」 といい、体に都合の悪い、求めていない減少が現れるのを「副作用」といいます。これは、多かれ少なか…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 薬の上手な飲ませ方

    薬は用法、容量をよく守って、決められた時間に飲ませることが大切です。といっても、眠っているために時間がずれても、 そう気にする事はありません。時間をとくに指示されていないときは、食事のすぐ前に与えたほうが吐くことが少な…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    2. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る