中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあります。耳あかをやわらかくするものもあります。

薬をつける前にまず、綿棒などで耳の掃除をしてあげます。そして寒い季節の場合は、薬をせめて体温ぐらいにまで温めてあげます。冷たいままで点耳すると、めまいなどの症状が出る場合があります。これは、急激な温度変化によって、リンパ液の流れが変わるためだと考えられているようです。

薬をつける方の耳を上にして、赤ちゃんを床に寝かせます。薬の容器が直接肌や耳に触れないように注意します。薬をつけ終わったら、 10分程度、そのままの姿勢で、薬がなじむのを待ちます。

ティッシュを耳にあて、赤ちゃんを起こしてあげ、流れてくる液を吸収させます。

点耳薬の保存は、室温保存、低温保存があります。点耳薬によってそれぞれ違うので、医師に確認しておきましょう。直射日光は避けなければいけないので、気密性のよい缶などに入れて保管するといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    3. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…

    ピックアップ記事

    1. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    2. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    3. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    ページ上部へ戻る