処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の結膜炎などのときに処方されます。抗アレルギー薬は、アレルギー性結膜炎などに使われます。そのほかにも、炎症を起こしているときには、抗炎症作用のある点眼薬が処方されます。

点眼薬も動き回る時期には、お母さんの悩みの種ですね。小さい赤ちゃんの場合は、赤ちゃんの手を押さえて、下まぶたを下げ、あかんべえのような形で点眼します。

そのあと、目を閉じさせ、きれいなハンカチかティッシュではみ出した液を押さえ、点眼薬がなじむように、数秒押さえてあげます。

注意点としては、点眼薬の容器の先が目やまつげなどに直接触れないようにすること。雑菌の繁殖が心配です。また、点眼後、赤ちゃんが手で目をこすったりすることもばい菌の繁殖の原因になります。また、一度開封したものは、次回は使わないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…
    3. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    3. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る