処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の結膜炎などのときに処方されます。抗アレルギー薬は、アレルギー性結膜炎などに使われます。そのほかにも、炎症を起こしているときには、抗炎症作用のある点眼薬が処方されます。

点眼薬も動き回る時期には、お母さんの悩みの種ですね。小さい赤ちゃんの場合は、赤ちゃんの手を押さえて、下まぶたを下げ、あかんべえのような形で点眼します。

そのあと、目を閉じさせ、きれいなハンカチかティッシュではみ出した液を押さえ、点眼薬がなじむように、数秒押さえてあげます。

注意点としては、点眼薬の容器の先が目やまつげなどに直接触れないようにすること。雑菌の繁殖が心配です。また、点眼後、赤ちゃんが手で目をこすったりすることもばい菌の繁殖の原因になります。また、一度開封したものは、次回は使わないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    2. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    2. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    3. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    ページ上部へ戻る