うがいは、のどを潤し菌の付着を防いでくれます。外出から帰ったらうがいをすれば、かぜ予防に効果的です。のどに炎症が起こったときには、こまめにうがいすることでさらに感染しにくくなります。

うがいは、水やお湯でも効果はあります。最近は緑茶もいいといわれていますが、うがい薬を使うと一層効果的です。

うがい薬は、口の中やのどの炎症をおさえるために使われます。錠剤や顆粒、液体を薄めて使用しますが、決められた分量をきちんと守ることが大切です。

うがい薬は、じょうずにうがいができるようになる3歳くらいから使えるようになります。分量どおりに薄めれば多少飲み込んでも支障はありません。

しかし、ポビドンヨードが入っているうがい薬の原液を飲み込んでしまった場合は、牛乳や卵を飲ませるなどの応急処置が必要です。その後はすぐに、病院に連れて行くことが必要です。

保存法と保存期間は、薬の種類によって異なります。医師や薬剤師に確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    2. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    3. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    ページ上部へ戻る