うがいは、のどを潤し菌の付着を防いでくれます。外出から帰ったらうがいをすれば、かぜ予防に効果的です。のどに炎症が起こったときには、こまめにうがいすることでさらに感染しにくくなります。

うがいは、水やお湯でも効果はあります。最近は緑茶もいいといわれていますが、うがい薬を使うと一層効果的です。

うがい薬は、口の中やのどの炎症をおさえるために使われます。錠剤や顆粒、液体を薄めて使用しますが、決められた分量をきちんと守ることが大切です。

うがい薬は、じょうずにうがいができるようになる3歳くらいから使えるようになります。分量どおりに薄めれば多少飲み込んでも支障はありません。

しかし、ポビドンヨードが入っているうがい薬の原液を飲み込んでしまった場合は、牛乳や卵を飲ませるなどの応急処置が必要です。その後はすぐに、病院に連れて行くことが必要です。

保存法と保存期間は、薬の種類によって異なります。医師や薬剤師に確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    2. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    3. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る