小さいケガなどは、家庭でのケアですんでしまいますが、大きな事故やケガ、赤ちゃんの様子がおかしいと感じた時は、すぐに救急車を呼ばなくてはいけません。

でも、そんな時でも「あわてず、さわがず、落ち着いて」がとても大切です。親がしっかりとして、救急車を呼ぶときも、きちんと必要事項を伝えなければならないでしょう。

まずは、火事ではなく、病気かけがで救急車が必要であることを伝えます。氏名と場所を告げ、目標物を知らせます。住所は、かならず市・区から番地、部屋番号まで正確に伝えます。

事故やけがの内容を伝えます。(いつ、だれが、どこで、どのようにして、いまはどうであるかなど)。ほかの人がいれば、目標物の付近に迎えに出る旨を伝えます。

また、救急車が到着するまでの間に、どんな処置をしたらいいのかを聞きます。
救急車がきてから、もし、かかりつけの小児科や行きたい病院がある場合は告げるとよいでしょう。

携帯電話、PHSからは、住宅用電話と同じように、そのまま119番をプッシュすればつながります。公衆電話からは、カードを入れなくても119番をプッシュするとそのままつながるようになっています。(ピンク電話は別なので注意!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…

    ピックアップ記事

    1. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    2. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る