小さいケガなどは、家庭でのケアですんでしまいますが、大きな事故やケガ、赤ちゃんの様子がおかしいと感じた時は、すぐに救急車を呼ばなくてはいけません。

でも、そんな時でも「あわてず、さわがず、落ち着いて」がとても大切です。親がしっかりとして、救急車を呼ぶときも、きちんと必要事項を伝えなければならないでしょう。

まずは、火事ではなく、病気かけがで救急車が必要であることを伝えます。氏名と場所を告げ、目標物を知らせます。住所は、かならず市・区から番地、部屋番号まで正確に伝えます。

事故やけがの内容を伝えます。(いつ、だれが、どこで、どのようにして、いまはどうであるかなど)。ほかの人がいれば、目標物の付近に迎えに出る旨を伝えます。

また、救急車が到着するまでの間に、どんな処置をしたらいいのかを聞きます。
救急車がきてから、もし、かかりつけの小児科や行きたい病院がある場合は告げるとよいでしょう。

携帯電話、PHSからは、住宅用電話と同じように、そのまま119番をプッシュすればつながります。公衆電話からは、カードを入れなくても119番をプッシュするとそのままつながるようになっています。(ピンク電話は別なので注意!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    2. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    2. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    3. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    ページ上部へ戻る