病気をおこしている細菌を殺す効果がある薬です。病原体そのものをやっつけたり、病原体が増えるのを防いだり、悪さをするのを鎮める働きがあります。

病原体には、細菌、クラミジアやマイコプラズマ、ウイルスなどがあります。

安易に抗生物質を使うと、生き残った細菌が、その薬に対する抵抗力を持ってしまうこともあるので、いざという時にさっぱり効かないということも起こります。細菌感染が強く疑われる時にも処方されますが、必要以上に使わないように慎重に処方されます。

いわゆるかぜは、ウイルスが原因なので、症状を和らげる対症療法が中心なので、通常、抗生剤は処方されません。しかし、かぜであっても喉の様子や他の症状から溶連菌感染症が疑われたり、せきが長く続いてマイコプラズマ肺炎が疑われたりするようなときは、医師の判断で処方されることもあるようです。

ペニシリン系、セフェム系、マクロライド系、テトラサイクリン系、アミノグリコシド系などがあり、こどもの感染症に多く使われます。

かぜをこじらせた結果、細菌感染で起こる肺炎、中耳炎、気管支炎などにも使われます。細菌を完全に殺すために、症状がおさまってからもしばらく飲み続ける必要があります。かってに中止せず、医師の指示を守ります。

服用後、ときに下痢をすることがあります。これは腸内にすみついているよい細菌まで殺してしまったためにおこる副作用です。また、体に発疹がでることもあります。下痢も発疹も治療が終わればなおりますが、症状がひどいときは主治医に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    2. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    2. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    3. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    ページ上部へ戻る