水薬やシロップは、甘く味付けされているので、比較的あげやすいでしょう。

シロップの薬を飲ませる時は、容器をゆっくりと振って、中に入ったシロップ薬の濃さを均一にします。

薬局で指定された容器の目盛りを使って、飲ませる量のシロップ薬を取り分けます。

水平なところで、取り分けた量を確認するのを忘れないようにしましょう。

赤ちゃんが小さいうちは、スポイトを使って口に入れてあげます。取り分けた容器から1回分の薬をスポイトで吸い上げ、赤ちゃんの頬の内側に流し込んで飲ませます。

量が多い場合は、薬用の哺乳瓶がありますので、それを使うのもよいでしょう。哺乳瓶の乳首の部分だけを加えさせて、薬をあげる方法でも代用できます。

赤ちゃんがスプーンを加えられるようになったら、スプーンを使ってあげても大丈夫です。スプーンの場合は、数回に分けて飲ませるようにします。スプーンは、少し口の奥のほうに入れてあげるようにすると飲みやすいでしょう。

コップを使って飲むことができる赤ちゃんには、小さなカップで少しずつ飲ませてあげます。

いずれにせよ、ミルクなどに混ぜてあげるのは、ミルク嫌いになる恐れがありますので、やめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    2. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    3. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    ページ上部へ戻る