水薬やシロップは、甘く味付けされているので、比較的あげやすいでしょう。

シロップの薬を飲ませる時は、容器をゆっくりと振って、中に入ったシロップ薬の濃さを均一にします。

薬局で指定された容器の目盛りを使って、飲ませる量のシロップ薬を取り分けます。

水平なところで、取り分けた量を確認するのを忘れないようにしましょう。

赤ちゃんが小さいうちは、スポイトを使って口に入れてあげます。取り分けた容器から1回分の薬をスポイトで吸い上げ、赤ちゃんの頬の内側に流し込んで飲ませます。

量が多い場合は、薬用の哺乳瓶がありますので、それを使うのもよいでしょう。哺乳瓶の乳首の部分だけを加えさせて、薬をあげる方法でも代用できます。

赤ちゃんがスプーンを加えられるようになったら、スプーンを使ってあげても大丈夫です。スプーンの場合は、数回に分けて飲ませるようにします。スプーンは、少し口の奥のほうに入れてあげるようにすると飲みやすいでしょう。

コップを使って飲むことができる赤ちゃんには、小さなカップで少しずつ飲ませてあげます。

いずれにせよ、ミルクなどに混ぜてあげるのは、ミルク嫌いになる恐れがありますので、やめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    3. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    ページ上部へ戻る