水薬やシロップは、甘く味付けされているので、比較的あげやすいでしょう。

シロップの薬を飲ませる時は、容器をゆっくりと振って、中に入ったシロップ薬の濃さを均一にします。

薬局で指定された容器の目盛りを使って、飲ませる量のシロップ薬を取り分けます。

水平なところで、取り分けた量を確認するのを忘れないようにしましょう。

赤ちゃんが小さいうちは、スポイトを使って口に入れてあげます。取り分けた容器から1回分の薬をスポイトで吸い上げ、赤ちゃんの頬の内側に流し込んで飲ませます。

量が多い場合は、薬用の哺乳瓶がありますので、それを使うのもよいでしょう。哺乳瓶の乳首の部分だけを加えさせて、薬をあげる方法でも代用できます。

赤ちゃんがスプーンを加えられるようになったら、スプーンを使ってあげても大丈夫です。スプーンの場合は、数回に分けて飲ませるようにします。スプーンは、少し口の奥のほうに入れてあげるようにすると飲みやすいでしょう。

コップを使って飲むことができる赤ちゃんには、小さなカップで少しずつ飲ませてあげます。

いずれにせよ、ミルクなどに混ぜてあげるのは、ミルク嫌いになる恐れがありますので、やめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…

    ピックアップ記事

    1. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    2. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    3. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    ページ上部へ戻る