風邪は、薬を使わなくても自然に治る病気ですが、普通の風邪でも、症状が強い、せきが長引くなど、心配な症状のときは、専門医を受診しましょう。

しかし、かぜの原因の多くはウイルスによるもので、ウイルスに対する特効薬はありません。いわゆる「かぜ薬」といわれているものは、かぜの症状を軽くする対症適応の薬のことをいいます。

発熱や筋肉・関節痛には解熱鎮痛剤、鼻水や鼻づまりには抗ヒスタミン剤、せきにはせき止め、痰の場合は痰切りが処方されます。風邪薬は、これらの薬を症状に応じて調合してつくられます。

薬で症状をやわらげてからだの負担を軽くし、そのあいだに自力でウイルスをやっつける手助けをするのが、風邪薬の役割です。

よく処方される風邪シロップは、消炎酵素薬、抗ヒスタミン薬、鎮咳去痰薬を合わせた薬です。この薬は、鼻水は止まりますが、せきがきれにくくなることがあり、処方に消極的な医師も多いようです。

解熱鎮痛薬は、38.5度以上の高熱で、赤ちゃんが眠れない、水分も飲めない、機嫌が悪いなど全身状態が悪いときに使えばよく、熱があっても元気がいいなら使う必要はありません。

なお、抗生物質は、かぜの原因によるウイルスにはききませんが、細菌による二次感染を防ぐために用いることがあります。

薬を飲んでも5日以上症状が続く場合は、風邪以外の病気も考えられるので、再受診したほうがいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    2. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    2. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    ページ上部へ戻る