マルツエキスは赤ちゃんの便秘薬です。麦芽糖のゆるやかな発酵作用が腸の蠕動を亢進し、おだやかな排便をうながします。

また栄養補給にも役立ちます。水アメ状で淡い甘さの飲みやすい薬です。

飲ませ方は、授乳・食事の前に、お湯かミルク50ccくらいに溶かして飲ませます。母乳のみで哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんは、
母乳を与える直前に、水飴状のマルツエキスを指で頬の内側に塗りつけてから母乳を飲ませるといいでしょう。

赤ちゃんの便秘は、母乳から粉ミルクに変えたとき、離乳食を始めたときなど、食事のパターンが変わったときに起こりがちです。

マルツエキスは食品に近い薬なので、安全性は高いのですが、医師の指示なしに長期間飲ませるのはさけましょう。
便秘が続くようなら何かの障害があるかもしれませんので、医師に相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    2. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    3. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…

    ピックアップ記事

    1. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る