赤ちゃんのお熱を測る体温計。最近はいろいろな種類が市販されています。どの体温計でも、一長一短があるもの。

とにかく、新しく体温計を買った時は、発熱時にあわてないよう、普段からその体温計で平熱を測っておくことが大事です。

代表的な種類は、昔ながらの水銀体温計、予測式体温計、耳式体温計の3種類です。

体温は、わきの下で測るのが一般的です。なるべく10分くらいは静かにさせてから測りましょう。

測る前に、赤ちゃんの脇の下の汗を乾いたタオルでよく拭きます。体温計の先が、わきの下の中央に来るように、前下方からはさみ、
腕は垂直よりやや前に出して、身体にぴったりつけます。そして、
体温計がずれないように赤ちゃんの腕を軽く押さえるようにして5~10分測ります。

最近、よく使われる耳式体温計は数秒で測れますが、耳の穴は曲がっているので、耳垢があったり、
センサーが正確に鼓膜を向いていないと正しく測れません。

また、わきの下で測った場合と耳で測った場合では、値が違います。なお、予防接種の際には、
耳ではなくわきの下で測った体温を予診票に記入するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    2. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    ページ上部へ戻る