子どもの場合ほとんどが、肛門から直腸に挿入する直腸坐薬です。直腸の粘膜から吸収されるため、胃や腸などの消化管をとおらないぶん、
吸収が早く、早く効くのが利点です。

うまく薬が飲めないときや吐き気のあるときなどに適用されますが、子どもの場合は解熱剤によく使われます。そのほかにも抗生物質、
ぜんそくの発作止め、熱性けいれんの予防、便秘薬、痛み止め、吐き気止めなどの坐薬があります。

使い方は、肛門に入りやすいように坐薬のとがったほうを軽く水でぬらし、肛門の奥のほうまで思い切って差し込みます。
完全に入ったかどうか心配なときは、薬が溶けるまで1分ほどティッシュペーパーかガーゼでしっかり押さえておきます。

もし、便と一緒に薬が出てしまったら、最初からやり直します。坐薬の量が多いときは、
医師に指示された大きさにカッターかナイフでカットして使います。

なお、坐薬は体温で溶けるようにつくられているので、保管は冷蔵庫で行います。半年くらいもつようですが、医師・
薬剤師の指示に従いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    3. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    ページ上部へ戻る