シロップなどに較べると、粉薬は飲みにくい部類に入ります。水などに溶かしてあげても、ペッと出されてしまい、
頭を悩ませたお母さんも多いことでしょう。

基本的な飲ませ方としては、1回分を少量の湯ざましなどで練り、スプーンで少量ずつ与えるか、
練った粉薬をだんご状にしてよく洗った指に付け、口に含ませます。苦い薬の場合は、すぐに出してしまう場合もありますので、
ほおの内側奥や舌下、上あご奥などにすり付け、水などを飲ませるとよいでしょう。

粉薬は、赤ちゃんの体重によって量が処方されますから、赤ちゃんの体重は把握しておきましょう。

粉薬とわからないように、ミルクに混ぜたり、味の淡白なご飯に混ぜたりするのは、薬の味と混同して、
好き嫌いのもとになりますので避けましょう。

月齢によっては、味の濃いアイスクリームなどに混ぜて飲ませても良い場合がありますが、抗生物質などでは、
ヨーグルトやオレンジジュースなど、相性の悪いものもあります。薬剤師さんに確認してください。

最近は、ゼリー状のもので、粉薬を飲むのを助けてくれる商品も出回っているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    3. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    ページ上部へ戻る