シロップなどに較べると、粉薬は飲みにくい部類に入ります。水などに溶かしてあげても、ペッと出されてしまい、
頭を悩ませたお母さんも多いことでしょう。

基本的な飲ませ方としては、1回分を少量の湯ざましなどで練り、スプーンで少量ずつ与えるか、
練った粉薬をだんご状にしてよく洗った指に付け、口に含ませます。苦い薬の場合は、すぐに出してしまう場合もありますので、
ほおの内側奥や舌下、上あご奥などにすり付け、水などを飲ませるとよいでしょう。

粉薬は、赤ちゃんの体重によって量が処方されますから、赤ちゃんの体重は把握しておきましょう。

粉薬とわからないように、ミルクに混ぜたり、味の淡白なご飯に混ぜたりするのは、薬の味と混同して、
好き嫌いのもとになりますので避けましょう。

月齢によっては、味の濃いアイスクリームなどに混ぜて飲ませても良い場合がありますが、抗生物質などでは、
ヨーグルトやオレンジジュースなど、相性の悪いものもあります。薬剤師さんに確認してください。

最近は、ゼリー状のもので、粉薬を飲むのを助けてくれる商品も出回っているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. 先天的な病気です。その名のとおり、先天的に胆道が拡張している病気です。子供のときに見つかることが…
    ページ上部へ戻る