血液には、たくさんの情報がつまっています。次のようなことも、血液によって判ります。

・アレルゲンの有無

皮膚に疑わしい抗原をつけて反応をみる検査(パッチテストなど)もありますが、一般に、RAST法と呼ばれる方法がよく行われます。
これは、血液中の抗体(免疫グロブリンE)の有無を調べる方法で、食物アレルギーや気管支ぜんそくの原因アレルゲンがわかります。

・抗体の有無

はしか、風疹、おたふくかぜ、水ぼうそう、肝炎、インフルエンザなどのウイルス性の感染症や、マイコプラズマ肺炎、
百日ぜきなどにかかると、血液中に抗体ができるので、かかったか否かを簡単に調べることができます。

・血沈(一定の時間内に赤血球がどれくらい沈むかを測定する)やCRP(C反応性たんぱく)の増減を調べると、
体内での炎症の有無や強さがわかります。感染症の経過をみるめやすとしてよく使います。原因不明の熱が続く場合、
血沈やCRPで炎症の度合いを調べ、隠されている病気(肺炎、髄膜炎、尿路感染症など)をさぐります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    3. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…

    ピックアップ記事

    1. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る