血液には、たくさんの情報がつまっています。次のようなことも、血液によって判ります。

・アレルゲンの有無

皮膚に疑わしい抗原をつけて反応をみる検査(パッチテストなど)もありますが、一般に、RAST法と呼ばれる方法がよく行われます。
これは、血液中の抗体(免疫グロブリンE)の有無を調べる方法で、食物アレルギーや気管支ぜんそくの原因アレルゲンがわかります。

・抗体の有無

はしか、風疹、おたふくかぜ、水ぼうそう、肝炎、インフルエンザなどのウイルス性の感染症や、マイコプラズマ肺炎、
百日ぜきなどにかかると、血液中に抗体ができるので、かかったか否かを簡単に調べることができます。

・血沈(一定の時間内に赤血球がどれくらい沈むかを測定する)やCRP(C反応性たんぱく)の増減を調べると、
体内での炎症の有無や強さがわかります。感染症の経過をみるめやすとしてよく使います。原因不明の熱が続く場合、
血沈やCRPで炎症の度合いを調べ、隠されている病気(肺炎、髄膜炎、尿路感染症など)をさぐります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    ページ上部へ戻る