血液には、全身の状態を知るためのさまざまな情報がつまっています。血液検査は、血液を少量採取するだけで、
必要な情報が得られるという簡単なものなので、一般的によく行われます。

血液の病気はもちろんのこと、全身の異常や病気の有無を、広範囲に調べる事ができます。採血の方法は、
ふつう腕または手の甲の静脈から、注射器で2~5cc程度を抜き取ります。赤ちゃんや静脈の細い幼児は、
耳たぶや指先を針で刺して採血することもあります。

・血液の成分の異常

血液を構成している血漿、赤血球、白血球、血小板の量や形、はたらきなどを調べます。赤血球や、
赤血球に含まれているヘモグロビンなどの量が少なければ、貧血と診断します。

病原菌などの侵入を防ぐ赤血球の数が多いと、細菌による感染症にかかっていることが疑われます。さらに、異常な形の白血球の有無や、
白血球の種類の増減を調べることによって、具体的な病気がわかります。

・血液の化学的成分の異常

化学的成分とは、たんぱく質、糖質(血糖)、脂質(コレステロールや中性脂肪)、酵素、窒素化合物、電解質などのことで、
数値の異常によって肝臓や腎臓の病気がわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    2. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    3. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…

    ピックアップ記事

    1. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    ページ上部へ戻る