血液には、全身の状態を知るためのさまざまな情報がつまっています。血液検査は、血液を少量採取するだけで、
必要な情報が得られるという簡単なものなので、一般的によく行われます。

血液の病気はもちろんのこと、全身の異常や病気の有無を、広範囲に調べる事ができます。採血の方法は、
ふつう腕または手の甲の静脈から、注射器で2~5cc程度を抜き取ります。赤ちゃんや静脈の細い幼児は、
耳たぶや指先を針で刺して採血することもあります。

・血液の成分の異常

血液を構成している血漿、赤血球、白血球、血小板の量や形、はたらきなどを調べます。赤血球や、
赤血球に含まれているヘモグロビンなどの量が少なければ、貧血と診断します。

病原菌などの侵入を防ぐ赤血球の数が多いと、細菌による感染症にかかっていることが疑われます。さらに、異常な形の白血球の有無や、
白血球の種類の増減を調べることによって、具体的な病気がわかります。

・血液の化学的成分の異常

化学的成分とは、たんぱく質、糖質(血糖)、脂質(コレステロールや中性脂肪)、酵素、窒素化合物、電解質などのことで、
数値の異常によって肝臓や腎臓の病気がわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    2. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    2. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る