薬は病気をなおすめに使われますが、どの薬も、いくつかのはたらきをもっています。このうち、求めている効果が現れるのを「作用」
といい、体に都合の悪い、求めていない減少が現れるのを「副作用」といいます。

これは、多かれ少なかれ、どんな薬にもみられるものです。でも、服用後、顔色が悪く呼吸が苦しくなるような症状がみられたら、
すぐに医師に連絡しましょう。

食欲不振や吐き気、下痢、動悸、眠気、発疹、かゆみなどが副作用の代表的な症状です。
たとえば抗生物質を服用すると下痢や発疹などの副作用を起こすことがあります。

また、かぜやアレルギー性鼻炎(花粉症など)にみられるくしゃみや鼻水、鼻づまりを軽減したり、あるいはアトピー性皮膚炎やあせも、
虫刺されなどのかゆみをおさえるのに使われる抗ヒスタミン剤は、眠気やのどのかわきなどの副作用が特徴です。

副作用の多くは、薬をやめれば症状がおさまりますし、医師は副作用を考えたうえで処方しています。また、
病気を治すという目的のためには、多少の副作用はやむをえないこともあります。神経質になって、かってに服用を中止したり、
指示どおりに薬を使わないで、病気の回復を遅らせることはかえって危険です。

副作用がでるかどうかは体質や、その時の体調にもよります。薬によるものなのか、病気によるものなのか判断がむずかしいものです。
軽い症状でも気になることは医師に相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…

    ピックアップ記事

    1. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    ページ上部へ戻る