薬は病気をなおすめに使われますが、どの薬も、いくつかのはたらきをもっています。このうち、求めている効果が現れるのを「作用」
といい、体に都合の悪い、求めていない減少が現れるのを「副作用」といいます。

これは、多かれ少なかれ、どんな薬にもみられるものです。でも、服用後、顔色が悪く呼吸が苦しくなるような症状がみられたら、
すぐに医師に連絡しましょう。

食欲不振や吐き気、下痢、動悸、眠気、発疹、かゆみなどが副作用の代表的な症状です。
たとえば抗生物質を服用すると下痢や発疹などの副作用を起こすことがあります。

また、かぜやアレルギー性鼻炎(花粉症など)にみられるくしゃみや鼻水、鼻づまりを軽減したり、あるいはアトピー性皮膚炎やあせも、
虫刺されなどのかゆみをおさえるのに使われる抗ヒスタミン剤は、眠気やのどのかわきなどの副作用が特徴です。

副作用の多くは、薬をやめれば症状がおさまりますし、医師は副作用を考えたうえで処方しています。また、
病気を治すという目的のためには、多少の副作用はやむをえないこともあります。神経質になって、かってに服用を中止したり、
指示どおりに薬を使わないで、病気の回復を遅らせることはかえって危険です。

副作用がでるかどうかは体質や、その時の体調にもよります。薬によるものなのか、病気によるものなのか判断がむずかしいものです。
軽い症状でも気になることは医師に相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    2. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    2. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る