薬は用法、容量をよく守って、決められた時間に飲ませることが大切です。といっても、眠っているために時間がずれても、
そう気にする事はありません。

時間をとくに指示されていないときは、食事のすぐ前に与えたほうが吐くことが少ないでしょう。赤ちゃんにも、薬のあとで授乳します。

薬は用法を守らないと、ききめも期待できません。医師の指示による「食前」は、ふつう、食事の30分前をいいます。また、「食間」
は食事と食事のあいだで食後2時間、「食後」は、食事のあと約30分前後を指します。乳児は授乳時間が一定しないため、
1日にのむ薬の回数を定めることが大事です。

薬が大好きというこどもは少ないので、飲ませ方にもひとくふうが必要です。赤ちゃんの場合、
粉薬は少量の水かぬるま湯で練ってペースト状にし、赤ちゃんのほおの内側に塗りつけ、その後、湯冷ましや果汁などを飲ませます。
味をいやがるようなら、砂糖や果汁をまぜてもよいでしょう。

シロップは、びんの底に薬が沈澱していることがあるので、使う前に泡立てない程度によく混ぜます。
目盛りを確認して1回分を飲ませますが、直接ビンの口から飲ませないこと。別の容器にとるか、
市販されている薬専用のほ乳瓶にとって飲ませます。

薬専用のほ乳瓶がなければ、スプーンかスポイトを使って、口のわきからほおの内側に少しずつたらすようにして飲ませます。
味をいやがっているようなら、あとで果汁やミルクを与えます。コップで飲める年齢の子は、コップで飲ませてかまいません。

なにか変わった症状が現れるとか、薬の量を変えるなどするときは、必ず医師の指示を受けましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    2. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る