薬は用法、容量をよく守って、決められた時間に飲ませることが大切です。といっても、眠っているために時間がずれても、
そう気にする事はありません。

時間をとくに指示されていないときは、食事のすぐ前に与えたほうが吐くことが少ないでしょう。赤ちゃんにも、薬のあとで授乳します。

薬は用法を守らないと、ききめも期待できません。医師の指示による「食前」は、ふつう、食事の30分前をいいます。また、「食間」
は食事と食事のあいだで食後2時間、「食後」は、食事のあと約30分前後を指します。乳児は授乳時間が一定しないため、
1日にのむ薬の回数を定めることが大事です。

薬が大好きというこどもは少ないので、飲ませ方にもひとくふうが必要です。赤ちゃんの場合、
粉薬は少量の水かぬるま湯で練ってペースト状にし、赤ちゃんのほおの内側に塗りつけ、その後、湯冷ましや果汁などを飲ませます。
味をいやがるようなら、砂糖や果汁をまぜてもよいでしょう。

シロップは、びんの底に薬が沈澱していることがあるので、使う前に泡立てない程度によく混ぜます。
目盛りを確認して1回分を飲ませますが、直接ビンの口から飲ませないこと。別の容器にとるか、
市販されている薬専用のほ乳瓶にとって飲ませます。

薬専用のほ乳瓶がなければ、スプーンかスポイトを使って、口のわきからほおの内側に少しずつたらすようにして飲ませます。
味をいやがっているようなら、あとで果汁やミルクを与えます。コップで飲める年齢の子は、コップで飲ませてかまいません。

なにか変わった症状が現れるとか、薬の量を変えるなどするときは、必ず医師の指示を受けましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    3. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る