カテゴリー:治療法やケアについて

  • 点耳薬

    中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあります。耳あかをやわらかくするものもあります。 薬をつける前にまず、綿棒などで耳の掃除をしてあげます。そして寒い季節…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 点眼薬

    処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の結膜炎などのときに処方されます。抗アレルギー薬は、アレルギー性結膜炎などに使われます。そのほかにも、炎症を起こしていると…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • うがい薬

    うがいは、のどを潤し菌の付着を防いでくれます。外出から帰ったらうがいをすれば、かぜ予防に効果的です。のどに炎症が起こったときには、こまめにうがいすることでさらに感染しにくくなります。 うがいは、水やお湯でも効果…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 救急車の呼び方

    小さいケガなどは、家庭でのケアですんでしまいますが、大きな事故やケガ、赤ちゃんの様子がおかしいと感じた時は、すぐに救急車を呼ばなくてはいけません。 でも、そんな時でも「あわてず、さわがず、落ち着いて」がとても大…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 抗生物質

    病気をおこしている細菌を殺す効果がある薬です。病原体そのものをやっつけたり、病原体が増えるのを防いだり、悪さをするのを鎮める働きがあります。 病原体には、細菌、クラミジアやマイコプラズマ、ウイルスなどがあります…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 水薬・シロップ

    水薬やシロップは、甘く味付けされているので、比較的あげやすいでしょう。 シロップの薬を飲ませる時は、容器をゆっくりと振って、中に入ったシロップ薬の濃さを均一にします。 薬局で指定された容器の目盛りを使…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 解熱剤

    熱を下げる薬です。体温を調節する脳の視床下部という神経にはたらいて、体温を下げます。鎮痛作用もあるため、頭痛や歯の痛み、中耳炎などの耳の痛みをやわらげるときにも使われます。ただし、発熱の原因そのものを取り除くわけでは…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • かぜ薬

    風邪は、薬を使わなくても自然に治る病気ですが、普通の風邪でも、症状が強い、せきが長引くなど、心配な症状のときは、専門医を受診しましょう。 しかし、かぜの原因の多くはウイルスによるもので、ウイルスに対する特効薬はあり…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • マルツエキス

    マルツエキスは赤ちゃんの便秘薬です。麦芽糖のゆるやかな発酵作用が腸の蠕動を亢進し、おだやかな排便をうながします。また栄養補給にも役立ちます。水アメ状で淡い甘さの飲みやすい薬です。 飲ませ方は、授乳・食事の前に、お湯かミ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 体温計

    赤ちゃんのお熱を測る体温計。最近はいろいろな種類が市販されています。どの体温計でも、一長一短があるもの。とにかく、新しく体温計を買った時は、発熱時にあわてないよう、普段からその体温計で平熱を測っておくことが大事です。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    ページ上部へ戻る