愛情遮断症候群とは、親の行為が引き起こす、子どもの言語の遅れなどが特徴です。子どもにとって、親の愛情、とくに母親の愛情は子どもの成長にとても重要なものです。親が子どもに与える行動によって、ストレスを引き起こすと、精神的に心の障害を残すだけでなく、身体的にも成長に多大な影響を与えることになってしまいます。

症状としては、感情を出さない、かんしゃく、精神発達の遅れ、周囲への無関心、体重が増加しない、言語の遅れなどがあげられます。

子どもの行動に無関心だったり、放任したり、冷たく接したり、しばしば体罰を与えるなど、極端な場合は虐待に及ぶ、などの親の行為がこのような遅れの原因となります。

子どもの言葉を引き出し、言葉の数を豊富にするには、環境づくりが大切です。お母さんやお父さんがゆっくり話しかけてあげたり、子どもの欲求をよく聞いて、それを言葉で返すというやりとりをたくさんしてあげることが大切です。

しかし、母親にもともと子どもに対する愛情がかけているため、一緒に暮らしていることで、子どもは成長障害を引き起こしています。愛情遮断症候群の子どもは、食欲が旺盛にもかかわらず、体重増加が見られず、入院などで家庭から引き離すことで改善します。最終的には施設に預けられる子どもが多いのが現実だそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    3. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…

    ピックアップ記事

    1. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    ページ上部へ戻る