こどもがどもるようになったら、どうしたらいいでしょうか?お母さん自身が落ち着いて聞いてあげてください。

「ゆっくり話して」「落ち着いて話して」などと言ってしまいがちですが、周囲の人は「一時的なこと」
としてどもることに関して一切平気でいることです。

どもりを気にしたお母さんから更に言葉への干渉を受けると、しだいに条件づけが進んで、ついには、話そうとしただけで緊張してしまい、
本格的な吃音になってしまいます。

子どもがどもるようだと感じたら、まず、最近何か子どもが不安になるようなことがなかったか考えてみて下さい。そして、
1日のうちほんのわずかでも、お母さんを独り占めできる時間・安心できる時間を作ってみてください。

子どもの心が安定し、より深い眠りがとれるようになれば、子どもは自信を持って遊びますし、どもりも自然に消えていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    2. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    ページ上部へ戻る