スポンサードリンク

こどもがどもるようになったら、どうしたらいいでしょうか?お母さん自身が落ち着いて聞いてあげてください。

「ゆっくり話して」「落ち着いて話して」などと言ってしまいがちですが、周囲の人は「一時的なこと」
としてどもることに関して一切平気でいることです。

どもりを気にしたお母さんから更に言葉への干渉を受けると、しだいに条件づけが進んで、ついには、話そうとしただけで緊張してしまい、
本格的な吃音になってしまいます。

子どもがどもるようだと感じたら、まず、最近何か子どもが不安になるようなことがなかったか考えてみて下さい。そして、
1日のうちほんのわずかでも、お母さんを独り占めできる時間・安心できる時間を作ってみてください。

子どもの心が安定し、より深い眠りがとれるようになれば、子どもは自信を持って遊びますし、どもりも自然に消えていきます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. AN001_L

      網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    3. AN001_L

      遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    2. AN001_L
      お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    3. AN001_L
      停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    ページ上部へ戻る