こどもがどもるようになったら、どうしたらいいでしょうか?お母さん自身が落ち着いて聞いてあげてください。

「ゆっくり話して」「落ち着いて話して」などと言ってしまいがちですが、周囲の人は「一時的なこと」
としてどもることに関して一切平気でいることです。

どもりを気にしたお母さんから更に言葉への干渉を受けると、しだいに条件づけが進んで、ついには、話そうとしただけで緊張してしまい、
本格的な吃音になってしまいます。

子どもがどもるようだと感じたら、まず、最近何か子どもが不安になるようなことがなかったか考えてみて下さい。そして、
1日のうちほんのわずかでも、お母さんを独り占めできる時間・安心できる時間を作ってみてください。

子どもの心が安定し、より深い眠りがとれるようになれば、子どもは自信を持って遊びますし、どもりも自然に消えていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…

    ピックアップ記事

    1. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    2. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    3. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    ページ上部へ戻る