2歳から3歳にかけては、一過性のどもりが非常に多い時期です。ことばをたくさん獲得していく時期にみられるものです。

一語文や二語文の段階が過ぎて、よく話せるようになってきた時ですが、自分の思いを十分に表現ができない、
相手に伝えられないもどかしさや不安、話すことへの緊張感であせり、どもってしまうのです。

また、どもりは多分に精神的なものと関係します。この年齢のころは、脳の言語分野がめざましく発達する時期で、
ストレスや自信を失って心理的にダメージを受けると、一番発達をしている部分に、障害がでやすいのです。

入園など環境の変化によって緊張した時間が多くなったり、お母さんが仕事で忙しかったり、下の子が生まれたりすると、
子どもはお母さんの愛情に対する不安や不満からストレスを感じます。それによって言葉の表現がたどたどしくなってしまう場合があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    2. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    3. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…

    ピックアップ記事

    1. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る