カテゴリー:心や言葉の心配ごと

  • サイレントベビー

    サイレントベビーとは、異質な環境におかれても、泣くことのない静かな赤ちゃんのことを言います。あまり泣かない、体の動きが少ない、のぞきこんでも視線を合わせません。蛍光灯の光だけをずっと見ていたりします。 赤ちゃん…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 吃音

    最初の音や音節を繰り返したり、子音を伸ばしたりして、スムーズに言葉を発することができない状態です。さかんに話すようになる2歳ごろから目立ちます。男児に多いのが特徴です。国や人種を問わず人口の1%前後といわれています。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 愛情遮断症候群

    愛情遮断症候群とは、親の行為が引き起こす、子どもの言語の遅れなどが特徴です。子どもにとって、親の愛情、とくに母親の愛情は子どもの成長にとても重要なものです。親が子どもに与える行動によって、ストレスを引き起こすと、精神…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • どもり2

    こどもがどもるようになったら、どうしたらいいでしょうか?お母さん自身が落ち着いて聞いてあげてください。「ゆっくり話して」「落ち着いて話して」などと言ってしまいがちですが、周囲の人は「一時的なこと」 としてどもることに関…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • どもり1

    2歳から3歳にかけては、一過性のどもりが非常に多い時期です。ことばをたくさん獲得していく時期にみられるものです。一語文や二語文の段階が過ぎて、よく話せるようになってきた時ですが、自分の思いを十分に表現ができない、 相手…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自閉症

    自閉症とは、脳機能の障害や未熟が原因でおこり、発達のしかたがアンバランスでマイペースな行動が多い状態です。乳児期では、視線を合わせない、あやしても笑わない、光や音に敏感で、体を常に動かしている、などの症状があると、 自…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    3. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…

    ピックアップ記事

    1. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    2. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る