カテゴリー:心や言葉の心配ごと

  • AN001_L

    サイレントベビー

    サイレントベビーとは、異質な環境におかれても、泣くことのない静かな赤ちゃんのことを言います。あまり泣かない、体の動きが少ない、のぞきこんでも視線を合わせません。蛍光灯の光だけをずっと見ていたりします。 赤ちゃん…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • AN001_L

    吃音

    最初の音や音節を繰り返したり、子音を伸ばしたりして、スムーズに言葉を発することができない状態です。さかんに話すようになる2歳ごろから目立ちます。男児に多いのが特徴です。国や人種を問わず人口の1%前後といわれています。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 愛情遮断症候群

    愛情遮断症候群とは、親の行為が引き起こす、子どもの言語の遅れなどが特徴です。子どもにとって、親の愛情、とくに母親の愛情は子どもの成長にとても重要なものです。親が子どもに与える行動によって、ストレスを引き起こすと、精神…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • どもり2

    こどもがどもるようになったら、どうしたらいいでしょうか?お母さん自身が落ち着いて聞いてあげてください。「ゆっくり話して」「落ち着いて話して」などと言ってしまいがちですが、周囲の人は「一時的なこと」 としてどもることに関…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • どもり1

    2歳から3歳にかけては、一過性のどもりが非常に多い時期です。ことばをたくさん獲得していく時期にみられるものです。一語文や二語文の段階が過ぎて、よく話せるようになってきた時ですが、自分の思いを十分に表現ができない、 相手…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自閉症

    自閉症とは、脳機能の障害や未熟が原因でおこり、発達のしかたがアンバランスでマイペースな行動が多い状態です。乳児期では、視線を合わせない、あやしても笑わない、光や音に敏感で、体を常に動かしている、などの症状があると、 自…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    2. AN001_L

      新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. AN001_L

      色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    2. AN001_L
      赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    3. AN001_L
      生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る