斜位(潜伏斜視)

斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります。神経の緊張で、両目の視線を平行に保っている状態です。視力低下などの自覚症状がないため、分かりにくい病気です。

それが斜位と呼ばれるものです。斜位の場合、両目で見たときは問題ないのですが、片方の目で見たときに目の位置がずれる現象が見られます。

斜位の種類には、内斜位・外斜位・上斜位・下斜位があります。

斜位の症状が、軽度で気にならなければ、放置していても大丈夫です。しかし、程度が強く症状があるときは、プリズム眼鏡を装用させます。また、神経の緊張で視線を平行に保っているため、無意識に脳の自律神経が疲れます。なので、自律神経系のさまざまな症状が引き起こされる場合があります。

斜位が進んで、片方の目を正しく使うことができないと、斜視に進行する場合があります。斜視に進行し、放っておくと弱視になったり、両目視機能の発達が遅れるなどの問題が生じてきます。また、網膜芽細胞腫、先天性白内障でも斜視がみられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る