斜位(潜伏斜視)

斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります。神経の緊張で、両目の視線を平行に保っている状態です。視力低下などの自覚症状がないため、分かりにくい病気です。

それが斜位と呼ばれるものです。斜位の場合、両目で見たときは問題ないのですが、片方の目で見たときに目の位置がずれる現象が見られます。

斜位の種類には、内斜位・外斜位・上斜位・下斜位があります。

斜位の症状が、軽度で気にならなければ、放置していても大丈夫です。しかし、程度が強く症状があるときは、プリズム眼鏡を装用させます。また、神経の緊張で視線を平行に保っているため、無意識に脳の自律神経が疲れます。なので、自律神経系のさまざまな症状が引き起こされる場合があります。

斜位が進んで、片方の目を正しく使うことができないと、斜視に進行する場合があります。斜視に進行し、放っておくと弱視になったり、両目視機能の発達が遅れるなどの問題が生じてきます。また、網膜芽細胞腫、先天性白内障でも斜視がみられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る