斜位(潜伏斜視)

斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります。神経の緊張で、両目の視線を平行に保っている状態です。視力低下などの自覚症状がないため、分かりにくい病気です。

それが斜位と呼ばれるものです。斜位の場合、両目で見たときは問題ないのですが、片方の目で見たときに目の位置がずれる現象が見られます。

斜位の種類には、内斜位・外斜位・上斜位・下斜位があります。

斜位の症状が、軽度で気にならなければ、放置していても大丈夫です。しかし、程度が強く症状があるときは、プリズム眼鏡を装用させます。また、神経の緊張で視線を平行に保っているため、無意識に脳の自律神経が疲れます。なので、自律神経系のさまざまな症状が引き起こされる場合があります。

斜位が進んで、片方の目を正しく使うことができないと、斜視に進行する場合があります。斜視に進行し、放っておくと弱視になったり、両目視機能の発達が遅れるなどの問題が生じてきます。また、網膜芽細胞腫、先天性白内障でも斜視がみられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    2. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    3. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    ページ上部へ戻る