目とまぶたの裏側をおおっている結膜が、炎症を起こしたものです。細菌やウイルスが原因で起こり、症状としては、真っ赤に充血、目やにが出て、痛みなども伴います。

細菌性結膜炎は、2~3日で治ることが多いです。ウイルス性結膜炎は、症状が強く出る場合が多いですが、健康状態がよければ、1~2週間でよくなります。

ウイルス性結膜炎のなかには、発熱やのどの痛みを伴う咽頭結膜熱や接触でうつりやすい流行性結膜炎、眼瞼結膜から出血する急性出血結膜炎などがあります。

結膜炎を引き起こすウイルスは強いので目を手でこすって、ウイルスがどこかに付着し、二次感染の恐れもあります。結膜炎にかかったら、目をこすった手や、その手でつかんだものから感染することがあるので、手はこまめに洗いましょう。
目やには、湿らせた脱脂綿などでこまめに拭いてあげましょう。家族でタオルは共有しないこともポイントです。

とくに、流行性結膜炎や咽頭結膜熱などのウイルス性結膜炎の場合は、保育園や幼稚園を休ませなければいけないので、眼科医の支持にきちんと従いましょう。

市販の目薬は効果も薄く、かえって充血がひどくなることがあるようですので、眼科で受診したほうが安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…

    ピックアップ記事

    1. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    3. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    ページ上部へ戻る