生まれたばかりの赤ちゃんは、うまく目を動かすこともできないし、光を感じる程度で視力も弱いのです。

乱視は角膜がゆがんだ状態で、部分的にピントがずれているため、遠くも近くもゆがんで見えます。
これらの屈折異常は眼球の個性ですから、成長と共に眼球が変化して状態が変わることはあっても、病気ではないので、
治るかどうかという種類のものではありません。

人間の能力は、正しく繰り返し使うことでより発達しますが、視力も同じです。赤ちゃんの頃からいろいろな物を見ることによって、
それが刺激となり神経細胞や脳細胞が発達していきます。視力は乳幼児期に急激に発達し、6歳頃までに成人並みに発達します。

生まれつき遠視や乱視の場合、この訓練ができず、視力の発達が遅れて弱視になるおそれもあります。

弱視の場合の治療は、視機能の発達を考えると、3歳くらいから始める必要があります。3歳児健診のころには、
視力検査も受けることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    ページ上部へ戻る