斜視とは、左右の視線が違うため、両目で同時に物が見れない状態のことを言います。子供の約2%に発症します。

ずれている目の位置によって、内斜視、外斜視、上斜視、下斜視に分けられ、内斜視はさらに先天性内斜視、乳児内斜視 、調節性内斜視、
後天性内斜視に細分されます。

生後まもなくから半年ぐらいまでに発症する斜視は先天性内斜視、乳児内斜視と呼ばれ、
半年以降1歳前後に発見されるものは調節性内斜視と呼ばれます。

斜視の原因は、いろいろあります。眼球を支える6個の筋肉(眼筋)の力のバランスが悪い場合や神経に異常がある場合。
眼球を動かす筋肉に異常がある、遺伝や脳の一部の異常。遠視なども原因となります。

重大な病気の兆候として斜視が出る場合もありますし、目がよっていても視線は正常で、機能的には問題ない場合もあります。ですので、
早めに受診が必要です。乳幼児の斜視は手術が必要なことが多いようです。

赤ちゃんの目の位置が変だなと思ったら、まずは眼科を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    2. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る