色覚異常(色盲・色弱)

色を識別する細胞が機能しないためにおこります。色にかわる感覚を訓練したり、環境をととのえるなどの努力が必要です。

色の見え方が、多くの人と異なる場合を色覚異常といい、色を感じて識別する錐体(すいたい)がきちんと機能しないためにおこります。

赤、緑、青の色を感じて識別する錐体のうち、どれか1種類の細胞が機能しない場合が多く、灰色を背景としたときに、赤、
または緑の色が見えにくい場合がほとんどです。(赤緑異常)

赤緑異常のうち、赤を識別しにくい場合を第一異常、緑を識別しにくい場合を第二異常といいます。
青色を感じる錐体が機能しない場合はまれです。先天赤緑異常は、学校の色覚検査で見つかることが多いものです。

目の病気が原因のこともありますが、多くは伴性劣性遺伝(ばんせいれっせいいでん)による先天性のもので、発生率は男子が5%、
女子が0.2%です。

現在、治療法はありませんが、色相がわかりにくいとき、明度や彩度で判断するなどで、ほとんどの場合、
問題なく日常生活を送ることができます。

色覚異常は、診断が確定したら、見分けやすい色の組み合わせを使うといった、その子に適した環境をつくるようにつとめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    2. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る