スポンサードリンク

下まぶたのまつげが内側を向いて生えていることを「さかさまつげ」といいます。赤ちゃんは、
もともとまぶたに脂肪が多くてはれぼったいなどの原因で、さかさまつげになりやすいのです。

さかさまつげの赤ちゃんは、まばたきや涙が多く、目やにや充血が目立ちます。
しきりに顔や目に手を持っていくといったしぐさもみられます。

赤ちゃんに目やにが多いときは、清潔なガーゼでふいてあげてください。また、手や指で目をこすって傷をつけないよう、
爪を切るなど清潔に保ちます。

1~2歳になると、脂肪が少なくなって、まつげが外向きになり、自然に治っていくことがほとんどです。

まれに、角膜に傷がつく赤ちゃんもいます。目やにが多く、日差しを異常にまぶしがるようなときは、治療が必要になることもあります。

3歳になっても、さかさまつげが治らないときは、まつげの向きを変える手術をすることがあります。
お医者さんとよく相談をしてください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    2. AN001_L

      生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. AN001_L

      色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    2. AN001_L
      熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    3. AN001_L
      夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る