下まぶたのまつげが内側を向いて生えていることを「さかさまつげ」といいます。赤ちゃんは、
もともとまぶたに脂肪が多くてはれぼったいなどの原因で、さかさまつげになりやすいのです。

さかさまつげの赤ちゃんは、まばたきや涙が多く、目やにや充血が目立ちます。
しきりに顔や目に手を持っていくといったしぐさもみられます。

赤ちゃんに目やにが多いときは、清潔なガーゼでふいてあげてください。また、手や指で目をこすって傷をつけないよう、
爪を切るなど清潔に保ちます。

1~2歳になると、脂肪が少なくなって、まつげが外向きになり、自然に治っていくことがほとんどです。

まれに、角膜に傷がつく赤ちゃんもいます。目やにが多く、日差しを異常にまぶしがるようなときは、治療が必要になることもあります。

3歳になっても、さかさまつげが治らないときは、まつげの向きを変える手術をすることがあります。
お医者さんとよく相談をしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    3. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    ページ上部へ戻る