下まぶたのまつげが内側を向いて生えていることを「さかさまつげ」といいます。赤ちゃんは、
もともとまぶたに脂肪が多くてはれぼったいなどの原因で、さかさまつげになりやすいのです。

さかさまつげの赤ちゃんは、まばたきや涙が多く、目やにや充血が目立ちます。
しきりに顔や目に手を持っていくといったしぐさもみられます。

赤ちゃんに目やにが多いときは、清潔なガーゼでふいてあげてください。また、手や指で目をこすって傷をつけないよう、
爪を切るなど清潔に保ちます。

1~2歳になると、脂肪が少なくなって、まつげが外向きになり、自然に治っていくことがほとんどです。

まれに、角膜に傷がつく赤ちゃんもいます。目やにが多く、日差しを異常にまぶしがるようなときは、治療が必要になることもあります。

3歳になっても、さかさまつげが治らないときは、まつげの向きを変える手術をすることがあります。
お医者さんとよく相談をしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    2. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    2. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    3. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    ページ上部へ戻る