下まぶたのまつげが内側を向いて生えていることを「さかさまつげ」といいます。赤ちゃんは、
もともとまぶたに脂肪が多くてはれぼったいなどの原因で、さかさまつげになりやすいのです。

さかさまつげの赤ちゃんは、まばたきや涙が多く、目やにや充血が目立ちます。
しきりに顔や目に手を持っていくといったしぐさもみられます。

赤ちゃんに目やにが多いときは、清潔なガーゼでふいてあげてください。また、手や指で目をこすって傷をつけないよう、
爪を切るなど清潔に保ちます。

1~2歳になると、脂肪が少なくなって、まつげが外向きになり、自然に治っていくことがほとんどです。

まれに、角膜に傷がつく赤ちゃんもいます。目やにが多く、日差しを異常にまぶしがるようなときは、治療が必要になることもあります。

3歳になっても、さかさまつげが治らないときは、まつげの向きを変える手術をすることがあります。
お医者さんとよく相談をしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    2. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 先天的な病気です。その名のとおり、先天的に胆道が拡張している病気です。子供のときに見つかることが…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    ページ上部へ戻る