カテゴリー:目に出る症状

  • AN001_L

    網膜芽細胞腫

    目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だけの発症ですが、20~30%の割合で両目に発症しています。遺伝性があるといわれているので、家族に患者がいる場合は、ほかの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • AN001_L

    斜位(潜伏斜視)

    斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります。神経の緊張で、両目の視線を平行に保っている状態です。視力低下などの自覚症状がないため、分かりにくい病気です。 そ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 結膜炎

    目とまぶたの裏側をおおっている結膜が、炎症を起こしたものです。細菌やウイルスが原因で起こり、症状としては、真っ赤に充血、目やにが出て、痛みなども伴います。 細菌性結膜炎は、2~3日で治ることが多いです。ウイルス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 乱視

    生まれたばかりの赤ちゃんは、うまく目を動かすこともできないし、光を感じる程度で視力も弱いのです。乱視は角膜がゆがんだ状態で、部分的にピントがずれているため、遠くも近くもゆがんで見えます。 これらの屈折異常は眼球の個性で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜視

    斜視とは、左右の視線が違うため、両目で同時に物が見れない状態のことを言います。子供の約2%に発症します。ずれている目の位置によって、内斜視、外斜視、上斜視、下斜視に分けられ、内斜視はさらに先天性内斜視、乳児内斜視 、調節…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 色覚異常(色盲・色弱)

    色を識別する細胞が機能しないためにおこります。色にかわる感覚を訓練したり、環境をととのえるなどの努力が必要です。色の見え方が、多くの人と異なる場合を色覚異常といい、色を感じて識別する錐体(すいたい)がきちんと機能しないた…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 逆さまつげ

    下まぶたのまつげが内側を向いて生えていることを「さかさまつげ」といいます。赤ちゃんは、 もともとまぶたに脂肪が多くてはれぼったいなどの原因で、さかさまつげになりやすいのです。さかさまつげの赤ちゃんは、まばたきや涙が多く…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. AN001_L

      化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. AN001_L

      オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. AN001_L
      骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    3. AN001_L
      銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る