唇が赤くはれる、水泡ができる、表面の粘膜がはがれたり、ただれる状態を口唇炎といいます。唇に痛みやかゆみがでますが、自覚症状はそれほど強くありません。ただ、患部は塩分の強い食品などがふれると、ひりひり痛みます。

食品や化粧品、金属などに接触したときに、アレルギー性反応をおこした場合と、ビタミン不足でおこる場合が考えられます。また、日光に当たりすぎたり、寒風にさらされたり、高熱を出したり、外傷などの原因も考えられています。

原因はさまざまですが、99%はアトピー性の口唇炎または接触性口唇炎です。アトピー性の口唇炎の場合は、とくに冬場の乾燥に気を付けなければいけません。室内の湿度を上げ、乾燥しないようにし、唇をごしごしこすったり、なめすぎたりしないように注意しましょう。

患部の治療としては、非ステロイド系の塗り薬やステロイド軟こうを塗ります。アレルギーが原因で、はれが大きい場合には、抗ヒスタミン剤やステロイド剤を服用する場合があります。

刺激のある食べ物は避けるようにしたほうがいいでしょう。薬は、患部をぬるま湯などでそっとふいて、清潔にしてから塗るようにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    3. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る