舌、歯ぐき、唇や頬の内側など、口の中の粘膜が炎症を起こし、痛みや違和感などを起こした状態です。

口内炎にはさまざまな種類があります。大きく分けて、ウイルス感染に伴う口内炎と特別な原因がないアフタ性口内炎とがあります。

アフタ性口内炎の原因ははっきりしていませんが、遺伝的な体質、アレルギー、舌をかむ癖などの物理的な刺激のほか、心理的なものや疲労など、色々な要素が絡み合っているようです。大人の場合は、ビタミン不足、疲れなど、原因が様々ですが、赤ちゃんの場合は、ヘルペンギーナや手足口病などの「夏風邪」が原因のことが多いようです。

とくに原因がないのに繰り返しできることもあって、50~70%の子どもが経験するよくある病気です。

離乳食が進まない場合もありますが、そのときは、いつもより柔らかめに煮てあげたり、下触りのよいものを選んであげたりするとよいでしょう。めん類や豆腐、卵などの口当たりのよいものがおすすめです。

栄養価の高いものを、少量ずつ何回も与えるといいでしょう。症状が重いときは、舌でもつぶせるゼリー状のものやとろみのあるもののほうが食べやすいという子もいるようです。早く治すために、食後はぬるま湯で口をすすぐといいでしょう。

ウイルス性の口内炎の場合は、病気にかかっている子どものよだれなどでほかの子どもにうつってしまいます。口に入れたおもちゃなどで感染することもあるので注意してあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    2. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る