スポンサードリンク

舌、歯ぐき、唇や頬の内側など、口の中の粘膜が炎症を起こし、痛みや違和感などを起こした状態です。

口内炎にはさまざまな種類があります。大きく分けて、ウイルス感染に伴う口内炎と特別な原因がないアフタ性口内炎とがあります。

アフタ性口内炎の原因ははっきりしていませんが、遺伝的な体質、アレルギー、舌をかむ癖などの物理的な刺激のほか、心理的なものや疲労など、色々な要素が絡み合っているようです。大人の場合は、ビタミン不足、疲れなど、原因が様々ですが、赤ちゃんの場合は、ヘルペンギーナや手足口病などの「夏風邪」が原因のことが多いようです。

とくに原因がないのに繰り返しできることもあって、50~70%の子どもが経験するよくある病気です。

離乳食が進まない場合もありますが、そのときは、いつもより柔らかめに煮てあげたり、下触りのよいものを選んであげたりするとよいでしょう。めん類や豆腐、卵などの口当たりのよいものがおすすめです。

栄養価の高いものを、少量ずつ何回も与えるといいでしょう。症状が重いときは、舌でもつぶせるゼリー状のものやとろみのあるもののほうが食べやすいという子もいるようです。早く治すために、食後はぬるま湯で口をすすぐといいでしょう。

ウイルス性の口内炎の場合は、病気にかかっている子どものよだれなどでほかの子どもにうつってしまいます。口に入れたおもちゃなどで感染することもあるので注意してあげましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. AN001_L

      包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    3. AN001_L

      新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. AN001_L
      停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    3. AN001_L
      夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る