スポンサードリンク

口の中の粘膜に炎症が起こる病変を口内炎といいます。アフタ性口内炎は、真ん中が白っぽく、まわりが赤い、境界がはっきりした円形の小さな潰瘍(かいよう)ができます。ときには、5~10mmくらいの大きなものができることもあります。

症状は、口内炎だけで、熱などは出ませんが、食べたり飲んだりするとしみて痛みます。食事や歯ブラシなどの刺激によって痛みます。鋭い痛みのあと、鈍い痛みが続きます。

食欲はあるのに食べられないので、不機嫌になったりします。通常、1週間ほどでなおります。原因ははっきりしていません。

慢性アフタ性口内炎、慢性再発生アフタなどと呼ばれていて、繰り返しできるのが特徴です。

アフタ性口内炎のケアは、疲れをためないように十分休息をとること、歯磨きやうがい薬でうがいをして、口の中を清潔にすることです。また、栄養バランスのよい食事を心がけることも大切です。

粘膜を強くする作用のあるビタミンB2などで補うのも効果的です。

口の中が痛むので食欲が落ちますが、赤ちゃんが食べられるものを食べたいだけ与えるとよいでしょう。熱いと痛みを感じやすいので、ミルクなどは、普段より少しぬるめにしてあげるとよいでしょう。離乳食は、量にこだわらず、冷たくて飲み込みやすいものを与えます。

プリンやアイスクリームはのどごしもよく食べやすいようです。酸っぱいもの、塩辛いものは、しみて痛むので避けたほうがよいでしょう。
水分もとりにくくなりますが、脱水が心配ですので、できるだけ水分をとるようにしてあげましょう。

食後には、処方された軟膏を塗ります。ステロイド軟膏を患部に塗るのが効果的です。患部をティッシュなどでかわかし、塗るというより薬を患部にのせるようにします。

レーザーで患部を一気に蒸散させることもあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. AN001_L

      色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. AN001_L

      オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    2. AN001_L
      先天的な病気です。その名のとおり、先天的に胆道が拡張している病気です。子供のときに見つかることが…
    3. AN001_L
      体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    ページ上部へ戻る