高い熱が続いてからだの抵抗力が落ちたときなどに、歯と歯肉の境目の広い範囲にできる白い潰瘍を、壊死潰瘍性口内炎といいます。

患部はじくじくしていて、出血もします。粘膜や歯茎がただれ、口の中全体が痛むので、食欲がなくなり、元気もありません。口臭も強くなります。

口の中には多種類の細菌が存在します。体の抵抗力が落ちると、細菌が急激に増えて潰瘍を発生させます。

細菌の増殖と活動をおさえるために、抗生物質を投与します。塗り薬とうがい薬も併合します。痛みが強いので、歯みがきできない場合があります。うがい薬でうがいし、口の中を清潔にします。

痛みが強いと水分も取りにくくなりますが、脱水症状には気をつけなければいけません。少量ずつこまめに、できるだけ水分を与えるようにしましょう。

離乳食は量にこだわらず、冷たくて飲み込みやすいものを与えてあげましょう。栄養バランスよい食事を心がけることで、体力も早く回復します。

また、日本茶に含まれるタンニンには、粘膜や潰瘍部への収斂作用があるので、お茶を飲ませると一時的に痛みが和らぎます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る