カテゴリー:口・歯に出る症状

  • 口唇炎

    唇が赤くはれる、水泡ができる、表面の粘膜がはがれたり、ただれる状態を口唇炎といいます。唇に痛みやかゆみがでますが、自覚症状はそれほど強くありません。ただ、患部は塩分の強い食品などがふれると、ひりひり痛みます。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 壊死潰瘍性口内炎

    高い熱が続いてからだの抵抗力が落ちたときなどに、歯と歯肉の境目の広い範囲にできる白い潰瘍を、壊死潰瘍性口内炎といいます。 患部はじくじくしていて、出血もします。粘膜や歯茎がただれ、口の中全体が痛むので、食欲がな…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 口内炎

    舌、歯ぐき、唇や頬の内側など、口の中の粘膜が炎症を起こし、痛みや違和感などを起こした状態です。 口内炎にはさまざまな種類があります。大きく分けて、ウイルス感染に伴う口内炎と特別な原因がないアフタ性口内炎とが…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 口角炎

    上唇と下唇のつなぎ目に炎症をおこしたり、ただれたり、大きく口をあけると裂けたりする症状をいいます。俗に「カラスのお炙」とよばれています。ものを食べるとしみたり、話をするときにちょっと口をあけただけで痛みます。繰り返し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アフタ性口内炎

    口の中の粘膜に炎症が起こる病変を口内炎といいます。アフタ性口内炎は、真ん中が白っぽく、まわりが赤い、境界がはっきりした円形の小さな潰瘍(かいよう)ができます。ときには、5~10mmくらいの大きなものができることもあり…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 受け口

    受け口とは、正式には前歯反対咬合といい、乳歯の時期の噛み合わせの異常で、いちばん多くみられるものです。その原因は様々で、遺伝的なもの、乳歯の虫歯の影響によるもの、お口の癖に関するもの、原因不明のものなどがあります。 3…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る