AN001_L

スポンサードリンク

赤ちゃんに見られる難聴は、先天性のものです。原因は遺伝、胎内感染、聴神経の障害などがあります。先天性難聴は、1000人に1人の割合で生まれ、そのうちの50%は遺伝性だといわれています。

伝音難聴と感音難聴があり、伝音難聴は、外耳から中耳までの音を伝える道筋のどこかに障害が見られる難聴で、手術などの治療法があります。

感音難聴は、音を感じる蝸牛から脳までの間になにか問題が見られます。先天性難聴のほとんどはこのタイプです。現時点では、このタイプの難聴を医学的に治療する方法は見つかっていません。

片側のみの場合と、両側の場合があり、片側難聴は大きくなってから発見されることも少なくありません。 片側が難聴で、もう片方の耳がよく聞こえていれば、日常生活に問題はなく、治療や訓練も必要ないようです。

両側の耳に難聴があると、言葉を理解したり、話すことができません。できるだけ早期に発見し、治療や訓練を始めることが必要です。

言葉の発達には、個人差がありますが、1歳を過ぎても言葉がまったく出てこないときは、難聴を疑ってみる必要があります。

難聴のレベルの判定は、以下のようになっています。

  • ・高度難聴(90dB) 低月齢のときから、大きな音にも反応がなく、1歳半頃を過ぎても言葉を発しない。
  • ・中等度難聴(40dB~70dB) 呼びかけても反応しない。音に対する反応がみられない。言葉が出るのが遅い傾向がある。
  • ・軽度難聴(40dB) 後ろから呼びかけたときに振り向かない。テレビに近づく。小さい音が聞こえにくい。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    2. AN001_L

      神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. AN001_L

      点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    2. AN001_L
      単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. AN001_L
      新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る