涙が目から鼻へ通っていく道(鼻涙管)が何らかの理由で、生まれつき閉じていたり、細くなっていたりするために、いつも目に涙がたまり、目やにが出てしまう病気です。

鼻涙管閉塞が続くと、目と鼻の間のへこんだ部分の涙のうの中に細菌感染が起こり、涙のう炎になって化膿することがあります。あふれた涙が乾くので目やにが出てしまうのです。

治療の初期段階としてはマッサージがあり、マッサージでも改善が見られない場合、また赤ちゃんの月齢が進んでいる場合は、手術が必要です。ただ、、手術はかなり高度な技術が必要とされますし、手術に関する考えもお医者さんによってまちまちです。主治医と相談し、納得いく方法を選択することが必要です。

生後6ヶ月ぐらいまでには、治ることが多いので、その場合は、マッサージで涙を流しやすくしてあげます。管を切開するわけではないので、処置はすぐに終わります。

マッサージをしていて6ヶ月しても開通しない場合は、ブジーという金属の棒を通して鼻涙管を広げることになります。

それでもだめな場合は、手術となります。乳幼児の場合は、全身麻酔をかける手術となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    3. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…

    ピックアップ記事

    1. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    ページ上部へ戻る