AN001_L

スポンサードリンク

涙が目から鼻へ通っていく道(鼻涙管)が何らかの理由で、生まれつき閉じていたり、細くなっていたりするために、いつも目に涙がたまり、目やにが出てしまう病気です。

鼻涙管閉塞が続くと、目と鼻の間のへこんだ部分の涙のうの中に細菌感染が起こり、涙のう炎になって化膿することがあります。あふれた涙が乾くので目やにが出てしまうのです。

治療の初期段階としてはマッサージがあり、マッサージでも改善が見られない場合、また赤ちゃんの月齢が進んでいる場合は、手術が必要です。ただ、、手術はかなり高度な技術が必要とされますし、手術に関する考えもお医者さんによってまちまちです。主治医と相談し、納得いく方法を選択することが必要です。

生後6ヶ月ぐらいまでには、治ることが多いので、その場合は、マッサージで涙を流しやすくしてあげます。管を切開するわけではないので、処置はすぐに終わります。

マッサージをしていて6ヶ月しても開通しない場合は、ブジーという金属の棒を通して鼻涙管を広げることになります。

それでもだめな場合は、手術となります。乳幼児の場合は、全身麻酔をかける手術となります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    2. AN001_L

      生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. AN001_L

      点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    2. AN001_L
      冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    3. AN001_L
      成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    ページ上部へ戻る