呼んでも振り向かない 2

1歳になっても呼びかけに応えないようなら、難聴のほかに、知能の発達の遅れや病気が考えられます。

また、片耳だけ難聴で、という場合もあるようです。片耳だけの難聴の場合や、中等度から軽度の場合は、なかなか周囲にはわかりにくいものです。

片耳だけが難聴で、もう片方の耳がよく聞こえていれば日常生活に不便ありません。

音に対する反応があって、耳の聞こえは悪くないのに、話しかけても無関心な場合は、自閉症や知的障害などの病気が原因となっていることがあります。

赤ちゃんは周囲の人の言葉をたくさん聴いて、ものには名前のあることを知ります。そして、言葉を介してコミュニケーションを身につけていくものです。耳の聞こえが悪い状態に置かれていると、言葉が出なかったり遅れたりします。

赤ちゃんは、生まれてからずっと聞こえの悪い状態で過ごしていると、聞こえないのが当たり前になってしまうので、「聞こえない」ということを訴えたりすることはありません。

周囲の人が早く気づいて治療や訓練を始めてあげることが大切です。心配なことがあったら、早くお医者さんに相談して、専門の検査が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    2. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    3. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る